What's New!

Loading

031鹿児嶋紀聞之内 保田ヶ窪一帯の戦

かごしまきぶんのうち 

 

鮮斎永濯                 国立国会図書館 蔵

 

明治十年五月九日御届
出版人 辻岡文助  横山町三丁目二番地編輯人 小林秀次郎 上槙丁三番地

 

右図:別府新助・永山九成・松永清之丞

中図:野村十郎太・永山矢一郎・池上四郎・弟子丸応助

左図:谷少将

 

鹿児島の賊軍熊本を退去し保田ヶ窪より下南部までつきし所字帯山(あざなおびやま)へ数ヶ所に穴を穿の其中に潜伏して官兵近よるを待ち抗戦すること屢(しばしば)なりしが官軍軍をもつて新手を〇〇〇〇(人馬揃え?)厳しく進撃なし塁中へ齋しく(ひとしく)撃入りたれバ賊兵防戦しがたくやおもひけん遂に此所をもうち捨て何処へか遁去せしといふ

 

画像をクリックすれば拡大画像をご覧頂けます。

フラッシュギャラリーではフルスクリーンでご覧になれます。

 

前の作品へ                      次の作品へ

 

細部を見るにはこちらからどうぞ。別画面が開きます。

少し時間がかかります。


1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
概要 | 配送/支払い条件 | プライバシーポリシー | サイトマップ
Ⓒ 2011 西南戦争錦絵美術館 All Right Reserved