What's New!

Loading

034鹿児島新聞 山鹿戦争之図

かごしましんぶん やまがせんそうのづ              

 

真匠銀光                                                 国立国会図書館 蔵

 

依頼随真匠銀光画

明治十年四月五日御届

板人 福田熊次郎  長谷川丁廿バンチ

画工 安達平七   堀江町二丁目二バンチ

 

右図:桐野利秋・淵辺高照・児玉八之進・別府新助・永山矢一郎・男山新吉

中図:咲ノ潟五郎吉・朝日山松五郎

左図:前原一格

 

暴徒巨魁西郷ハ肥後の國川尻に陣し先陣篠原ハ熊城を囲ミ三陣桐野利秋ハ山鹿口へ進撃し力士数人に畳を持せ弾丸除(たまよけ)となし真先に進ませ跡より続づく抜刀隊弾丸煙り闇々たる中より斬入る賊兵に官軍之を事ともせず勢ひ左ながら大浪の岩に當て(あたりて)かへすが如く吶喊(おめき)さけんで戦ふにぞ賊兵たちまち敗走なしけり

 

画像をクリックすれば拡大画像をご覧頂けます。

フラッシュギャラリーではフルスクリーンでご覧になれます。

 

前の作品へ                      次の作品へ

細部を見るにはこちらからどうぞ。別画面が開きます。

少し時間がかかります。

静岡県立中央図書館に異版あり。

S052鹿児島新聞山鹿戰爭之圖がその作品である。


1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
概要 | 配送/支払い条件 | プライバシーポリシー | サイトマップ
Ⓒ 2011 西南戦争錦絵美術館 All Right Reserved