What's New!

Loading

036鹿児島征討記                    

 

歌川国松                 国立国会図書館 蔵

 

明治 年三月十七日御届

出版人 綱島亀吉  浅草瓦町十二番地

画工  歌川国松  横浜吉田町三十二番地

價六銭

 

右図:西郷隆盛・山口小右衛門・児玉八之進・淵部高照・西郷小平

中図:桐野利秋・平山新介・浅井直之進

左図:池上四郎・永山矢一郎・篠原国幹・村田新八

 

西郷隆盛ハ川尻を本陣となし新政大総督征討大元帥西郷吉之助と大書したる標札を掲げ日夜軍事を議し居たりしが三月一日に至て官軍大挙し此所に進撃したりけるが賊軍ハ之を聞くにて一軍を以て伏兵となし一軍ハ直に官軍と激戦し偽り敗して兵器を捨て散々の體にて敗走なしたりけるを官軍ハ勢に乗して短兵急に進撃したる所ろ豈図らんや横合より突然として一手の伏勢起りて官軍と大激戦す因て官軍一時利を失ひ一先引退きたりと

 

画像をクリックすれば拡大画像をご覧頂けます。

フラッシュギャラリーではフルスクリーンでご覧になれます。

 

前の作品へ                      次の作品へ

 

細部を見るにはこちらからどうぞ。別画面が開きます。

少し時間がかかります。

静岡県立中央図書館に異版あり。

静岡県立中央図書館に細部の少し異なった異版がある。

 上図が「036鹿児島征討記」 国立国会図書館所蔵作品(当ページの作品)下図が『S053鹿児島征討記』静岡県立中央図書館所蔵作品である。

違いを比較して国会→静岡の順に表記してみよう。題簽の背景が紫と赤の二色のぼかしを使用→赤の単色、経年劣化あるいは撮影条件によるのかもしれないが、青と黄色が濃い→青と黄色が落ち着いている。刀のつばや衣装の房などの細部に赤を配色していない→赤を配色して細部を引き立てている。左図左下の地面の表現灰色と緑の境界がとけ込んでいる→境界がくっきりと際立っている。以上のような細かい違いはあるものの他はほとんどかわらない。題簽の背景色の違いから同じ日の刷ではないのだろうが、一続きの作業日程の中での異版と言っていいのではないだろうか。



1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
概要 | 配送/支払い条件 | プライバシーポリシー | サイトマップ
Ⓒ 2011 西南戦争錦絵美術館 All Right Reserved