What's New!

Loading

044鹿児島大戦争

かごしまだいせんさう                   

 

永島孟斎                 国立国会図書館 蔵

 

明治十年七月十一日御届

出版人 木曽直治郎 京橋弓町十九番地

画工  永嶋辰五郎 松川町二番地

 

右図:永山矢一郎・別府新助・西郷吉之助隆盛・渕辺郡平・桐野のつま

中図:新八の妻 いよ

左図:篠原娘 くに・高島少将

 

鹿児島勢の中に女軍隊と号く(なづく)一隊にて辺見十良太の姥母を隊長として其人数凡(およそ)五百余名におよべりといふ又薩兵の一隊二千有餘人日向より豊後の重岡へ進入して即時に竹田城を奪ひ佐伯つる﨑等に戦ふたり

 

 

画像をクリックすれば拡大画像をご覧頂けます。

フラッシュギャラリーではフルスクリーンでご覧になれます。

 

前の作品へ                      次の作品へ

 

細部を見るにはこちらからどうぞ。別画面が開きます。

少し時間がかかります。

時と場所を超えて

この作品で描かれるのは中央の桜島を背景にして戦う薩摩の女軍と官軍の高島鞆之助率いる別働第一旅団の戦いである。鹿児島城下で5月の下旬ごろの戦いであろう。一方、画面右側奥から見守る薩軍主力の一団はこのときはまだ宮崎に拠点を移したばかりのころだ。記事中にあるのは、薩軍の別働隊野村忍助率いる奇兵隊が、豊後方面で意表をついた戦いを展開していたことである。

 ニュースと情報の不確かさと人目を引く画題とスターの登場。当時の錦絵に求められていた物が勢揃いしているような画である。こういう味を持った画が必然的に多くなっていく。17年後の日清戦争錦絵では異国趣味や近代戦のダイナミックさそして、外国人の敵兵という要素が加えられて、より特殊な絵画として完成されていくのかもしれない。


1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
概要 | 配送/支払い条件 | プライバシーポリシー | サイトマップ
Ⓒ 2011 西南戦争錦絵美術館 All Right Reserved