What's New!

Loading

063日向佐土原落城之図 

ひうがさどはららくじゃうのづ              

 

楊洲斎周延                国立国会図書館 蔵

 

明治十年八月二十日御届

出板人 長谷川忠兵エ 蛎売丁(蛎殻町)二丁目八番地

画工  橋本直義   上野北大門丁十一番地

 

右図:三好少将・曽我少将・三浦少将

中図:山田少将・奥小佐・辺見十郎太・山川中佐

左図:西郷隆盛

 

 

 

画像をクリックすれば拡大画像をご覧頂けます。

フラッシュギャラリーではフルスクリーンでご覧になれます。

 

前の作品へ                      次の作品へ

細部を見るにはこちらからどうぞ。別画面が開きます。

少し時間がかかります。

メモ

 佐土原城は1870年に広瀬に移転したため、建造物は全て破却された。そして移転先の広瀬の城も廃藩置県のため未完のまま取り壊された。との事なので、この錦絵にあるような立派な城郭は無かっただろう。南九州には天守のある城は無いという定説に対して、江戸時代に書かれた屏風に描かれていたり、発掘調査が行われたりで、天守にあたる建物はあることはあったらしい。

(ウィキペディアの佐土原城の項目を要約)


1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
概要 | 配送/支払い条件 | プライバシーポリシー | サイトマップ
Ⓒ 2011 西南戦争錦絵美術館 All Right Reserved