サイト内検索

What's New!

084鹿児嶋征討記聞 〔賊徒の女隊共に船中にて奮戦の図〕

 

楊洲斎周延                国立国会図書館 蔵

 

明治十年八月六日御届

出版人 沢久次郎 神田亀井丁廿六番地

画工  橋本直義 上野北大門丁十一番地

彫工  浅井銀次郎

 

中図:逸見ノ妻

左図:肥後助右衛門・市本勘介・篠原ノ妻・池上四郎・桐野利秋・西郷隆盛・伊集院ノ妻

 

鹿児しま暴徒等の妻子は父おつとの討れし仇を報ぜんと賊兵に打交り勇戦なせしと嗚呼頑愚の土地左もありなんか

 

画像をクリックすれば拡大画像をご覧頂けます。

フラッシュギャラリーではフルスクリーンでご覧になれます。

 

前の作品へ                      次の作品へ

 

細部を見るにはこちらからどうぞ。別画面が開きます。

少し時間がかかります。

背景の円盤は何?

中図の逸見の妻の背景にある、紋章入りの円盤はなんだろう?場所的には官軍の軍艦の手前にあり、軍艦の煙よりは奥にある。海上の水平ラインで切れているが物としては認識しにくい。砲弾の爆発の表現にしては、飾りが変だし、薙刀の尻のラインと呼応しているような感じもある。

 着物の柄の派手さそして、3種類の旗や水しぶきや波の表現がにぎやかなだけに謎の物体もさして違和感を感じさせないのだが不思議な画である。


1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
概要 | 配送/支払い条件 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
Ⓒ 2011 西南戦争錦絵美術館 All Right Reserved