What's New!

Loading

D108逆徒高千穂籠山

ぎゃくとたかちほろうざん

 

応需 年信 画  延壽堂 記         国立国会図書館 蔵

 


御届明治十年五月十九日

 

出版人 小林鉄次郎 通二丁目四番地

画工  山崎徳三郎 駒形丁丗四番地

價六銭


右図 旧陸軍大将賊軍大元帥 賊将西郷隆盛 鹿児嶌ノ士族 別府新助

中図 篠原妻

左図 中嶌武彦 川畑種長 抜刀隊

 

 偖も(さても)鹿児島縣の西郷以下壱万有余千の賊徒熊本縣下へ兵機を携へ一時に城兵をうち退けんと破竹の勢ひにて攻め寄たりしが官軍夫と(それと)聞より守備を厳重に相立賊軍ござんなれと獅子奮神の怒りをなして目に物見せんと遂に五十余日両軍必死の烈戦に及びしが終に賊兵官軍に敵し難く残兵ことごとく四月廿五日日向國高千穂山へ引篭りしと又もや官軍に抗戦せんと日々用意せらるる由

延壽堂 記

 

画像をクリックすれば拡大画像をご覧頂けます。

フラッシュギャラリーではフルスクリーンでご覧になれます。

 

前の作品へ                      次の作品へ

 

細部を見るにはこちらからどうぞ。別画面が開きます。

少し時間がかかります。


1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
概要 | 配送/支払い条件 | プライバシーポリシー | サイトマップ
Ⓒ 2011 西南戦争錦絵美術館 All Right Reserved