サイト内検索

What's New!

S030鹿児島戰記之内(静岡県立中央図書館のタイトルは鹿児島戰記之内都城籠城)


楊洲斎周延 筆              静岡県立中央図書館 蔵


明治十年九月三日御届

出板人 木村清助 神田新石丁二丁目八番地

画工  橋本直義 上野北大門丁十一番地


黒雲四国にはびこり忽然と毒龍昇天なすべき勢ひなりしも官軍の為に戦線を狭められて日向路退去せし鹿児島兵ハ都の城に篭りし処 官兵忽ち此所に迫りしかハ 城中にハ逆将西郷隆盛はじめ桐野篠原村田等の輩 本丸に会合して日々軍議をこらして謀略を廻らせしとぞ
永島乕重 記  


右図 淵辺高照、桐野利秋、別府新介

中図 町田啓治郎、西郷隆盛、邊見十郎太

左図 中根米七

 

静岡県立中央図書館での分類は

請求記号 K915-108-033-034
画題(題名) 鹿児島戦記之内都城籠城
絵師(画工名) 楊洲斎周延筆:橋本直義
版元 木村清助
出版年 明治10年9月3日届(1877)
員数 3枚続
版型 大判
彩色 錦絵
資料名 上村翁旧蔵浮世絵集(33)
カテゴリ /浮世絵/31集~40集/33集-周延 

   

 このページの画像は静岡県立中央図書館のデジタルデータを利用して構成している。また、データに関しては東京大学史料編纂所錦絵データベースを参考にした。

 

画像をクリックすれば拡大画像をご覧頂けます。

フラッシュギャラリーではフルスクリーンでご覧になれます。

 

前の作品へ                     次の作品へ

 

細部を見るにはこちらからどうぞ。別画面が開きます。

少し時間がかかります。

国会図書館蔵 鹿児島戦記之内 〔賊軍都の城に篭りて評議の図〕の異版か?

 この作品は国会図書館館内限定公開資料の「鹿児島戦記之内 〔賊軍都の城に篭りて評議の図〕」の異版かもしれない。タイトル、絵師、文、出版者、名札は同一で、ほぼまちがいないと思われる。館内限定公開資料は著作権の継承・放棄が確認できていないためウェブ上には公開していない作品で、国会図書館内でのみ見ることができる作品である。西南戦争錦絵では21作品ある。(一覧リストはこちらをご覧下さい。)こういう形で、他の施設で見ることができるのも印刷物という形態で売られた、本物が複数存在するという錦絵の大きな特色である。

静岡県立中央図書館の異版であると確認できた!

国立国会図書館の館内閲覧にて、以下のように確認できた。

『u020鹿児島戰記之内 〔賊軍都の城に篭りて評議の図〕』は『S030鹿児島戰記之内』の異版である。(2018/8/28確認済)


1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
概要 | 配送/支払い条件 | プライバシーポリシー | Cookie Policy | サイトマップ
Ⓒ 2011 西南戦争錦絵美術館 All Right Reserved