サイト内検索

What's New!

S036鹿児島兩勇一騎討之圖

 

応需 大蘇芳年             静岡県立中央図書館 蔵

 

出板人 大倉孫兵衛 日本橋通一丁目十九番地

画工  月岡米次郎 南金六町十四番地

 

右図 西郷小平、前原一格、阿蘇岳

中図 桐野利秋

左図 野津少将、村田少佐

 

山鹿口の官軍ハ連戦うち勝諸所の胸壁(だいば)を抜(ぬき)勢ひ左ながら破竹のごとく植木をのぞんで進撃なすされども名を得し鹿児島勢死奮の勇を顕して一歩も去らじと激戦なす野津少将是を見て自ら陣頭に進み味方を励(し)指揮なすさまを桐野利秋遥かに見やり真一文字に馬足を走(はせ)野津少将に討てかかる其勢ひ猛虎のごとく両勇少時戦ひしがかかる場所にて一騎討の勝負ハ無益と駒をかへして引上給ふをりから彈丸飛来り桐野が左の肘に中り馬より落るを暴徒ハおどろき介抱なして退ぞけハ官軍も兵をまとめ双方息を休めたり

 

静岡県立中央図書館での分類は

 

請求記号 K915-108-039-035
画題(題名) 鹿児島両勇一騎討之図
絵師(画工名) 応需大蘇芳年印(大蘇):月岡米次郎
版元 大倉孫兵衛
出版年 (明治10年)(1877)
員数 3枚続
版型 大判
彩色 錦絵
資料名 上村翁旧蔵浮世絵集(39)
カテゴリ /浮世絵/31集~40集/39集-芳年 

 このページの画像は静岡県立中央図書館のデジタルデータを利用して構成している。また、データに関しては東京大学史料編纂所錦絵データベースを参考にした。

 

画像をクリックすれば拡大画像をご覧頂けます。

フラッシュギャラリーではフルスクリーンでご覧になれます。

 

前の作品へ                     次の作品へ


 

細部を見るにはこちらからどうぞ。別画面が開きます。

少し時間がかかります。

国会図書館に異版あり

国会図書館に1種類と静岡県立中央図書館にもう1種類の異版がある。019鹿児島兩勇一騎討之圖S037鹿児島兩勇一騎討之圖である。3枚を比較してみる。019はコントラストがきつく、墨がはっきりしている。中図の桐野の乗馬がそれぞれ明るい灰色、暗い灰色、薄い茶色くらいの違いがある。S036のみ記事の背景に青から緑色のグラデーションがかかっている。また、静岡県立中央図書館の2点は共に記事中の「励し」のしが欠落している。


1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
概要 | 配送/支払い条件 | プライバシーポリシー | Cookie Policy | サイトマップ
Ⓒ 2011 西南戦争錦絵美術館 All Right Reserved