サイト内検索

What's New!

S054鹿児島暴徒圖

 

楊洲斎周延 筆              静岡県立中央図書館 蔵

 

明治十年二月十九日御届

画工  橋本直義  上野北大門町十一番地

出板人 山本利兵エ 上野元黒門町十二番地

 

河村海軍大輔林内務少輔の二君暴徒説諭の為め鹿児島湾へ到たり既に上陸せんとする際激徒四五名小舟にて艚付け乗移らんとする故是を断りしに又數艘の小舟を浮べ来りて稍發炮にも及ばんとする勢に付抜錨するに暇なく錨綱を絶て同縣下磯江に趣かれ大山縣令に面談し同十三日神戸へ歸帆ありしと云ふ

 

右図 鹿児嶌激徒

左図 河村海軍大輔、林内務少輔

 

静岡県立中央図書館での分類は

請求記号 K915-109-003-009
画題(題名) 鹿児島暴徒図
絵師(画工名) 楊洲斎周延筆:橋本直義
版元 山本利兵衛
出版年 明治10年2月19日届(1877)
員数 3枚続
版型 大判
彩色 錦絵
資料名 上村翁旧蔵浮世絵集西南之役(巻子)
カテゴリ /浮世絵/横巻仕立/3集-西南戦争〔西南之役〕 

 このページの画像は静岡県立中央図書館のデジタルデータを利用して構成している。また、データに関しては東京大学史料編纂所錦絵データベースを参考にした。

 

画像をクリックすれば拡大画像をご覧頂けます。

フラッシュギャラリーではフルスクリーンでご覧になれます。

 

前の作品へ                     次の作品へ

細部を見るにはこちらからどうぞ。別画面が開きます。

少し時間がかかります。

大英博物館に異版あり

大英博物館蔵「B010鹿児島暴徒圖」が異版である。大英博物館には中図と左図に関して更に異版があり、墨の薄い作品A(上図)と墨の濃い作品B(中図)を表示する。両作品の右図は同じものである。下の作品は当ページの作品で静岡県立中央図書館蔵のもの。

大英博物館の刷は青の発色が強いため静岡蔵の作品では紫に見える衣装が、青紫か青に見える。最も際立った違いは、水平線上の空の表現が大英では白から紺へのグラデーション、静岡では紫からグレーへのグラデーションとなっており、夜間の表現としては静岡の方に利があると言えるだろう。その他は特にかわった所はなく、大英Bの墨の濃い方の作品と同じ印象である。

 



1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
概要 | 配送/支払い条件 | プライバシーポリシー | Cookie Policy | サイトマップ
Ⓒ 2011 西南戦争錦絵美術館 All Right Reserved